融資を受けた時、支払う時には金利を含めての払いになるのは知っているはずです。キャッシング会社は営利を目的とした企業なのですから当然です。とは言っても返済する方は、少しでも少なく返金したいというのが内心でしょう。利息制限法が適用される一昔前は、30%近い金利を払わされていましたが、施行後は高利率でも18%位とかなり低く定められていますので、随分お得になったはずです。現在のローンキャッシングの金利の枠は4%位から18%位の幅が設定されていて、利用可能額により設けられます。利用限度額は申込み本人の与信によって決定します。総量制限により収入の1/3までと指定されいますので、年収がどれくらいあるのか?どのような職業についているのか?カードの使用履歴はどうなのか?いろいろ審査され与信限度額としてカードの内容が決められます。カードを使ったキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各企業で利用可能額は一様ではありません)と広い枠があります。そうしてその間の中で定めた使用可能額により金利も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になります。つまり、査定が高ければ、与信金額も上がり、金利も下がるというわけです。この利率に違和感を受けるのは私しだけでしょうか?余談になりますが、カード会社にとって、それらの事実は当然でしょうが、収入の良い人がお金の借入れが不可欠と考えずらいですし、もしお金を借りた場合でも利率が多かろうが少なかろうが支払いに苦労する事はないでしょう。逆に収入の低い人はすぐさま必要だからキャッシングする方がほとんどです。利率が高いとお金の支払いに苦しむようになるはずです。ですから使用可能幅の良くない人こそ低利子で使用できるようにすべきです。この主張は使う自分が置かれている立場としての意見となります。これらの事を考慮すると、利息を少なくする為にはどうするべきか何となく理解したのではないでしょうか。現実、これから記述方法で、申請する人が大多数なので知らせますと、クレジットカードの申請をする時に、収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みを行うのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円でこのカード審査で全金額通ればその分利子が安いカードを手にすることができると思います。とは言っても全額使用しなければならないわけでもないのです。5万円でも20万円でも必要な分だけの利用ができます。そして最高利用可能枠が300万円で最低利率年率7%位のローン企業もあるのです。その業者に申請すればその企業の最低利子で使用できるようになります。どう感じましたか?考え方を変えるだけで低利子のカードローンを持つことが出来るようになります。自分の一年の収入とローン会社の設定を比べて、調べる事に時間を費やせば、より望ましい状態で返済ができるため、ちゃんと調査するようにしなければなりません。